にゃんこ(ヤミーとヒュウ)とわんこ(チワワのミウ)の写真日記とミニシアター系の映画の感想。その他もろもろ…

by loveloveyummy

<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

MT5にアップデート

MTをMT4.22からMT5.04にアップデートしました♪
基本は、ダウンロードしたものをサーバーにアップするだけ。
しかし、いくつか少してこずった所がありました。
注意点としてメモっておきます。




環境設定ファイルを自分のサーバ環境に合わせる。

mt-config.cgi-originalを以前(MT4.22で)使っていたmt-config.cgiを参考に書き換える。
書き換える項目↓

  • CGIPath

  • StaticWebPath

  • StaticFilePath

  • ObjectDriver

  • Database


cgiのパーミッションに注意する。

新しいバージョンのMTをサーバにアップロードする際にcgiファイルのパーミッションに注意する。
さくらサーバの場合は、cgiファイルのパーミッションは755。
ffftpでアップロードする場合、オプション→環境設定→転送3で、cgiファイルのパーミッションを755(さくらの場合)に設定しておくと便利。

SQLLiteのデータベースは以前(MT4.22で)使ってたものをコピーするだけ。

SQLLiteのデータベースは以前(MT4.22で)使っていたデータベースをコピーする。
データベースはmt-config.csiの中でDatabaseとして指定している場所にある。

以前(MT4.22で)使っていたプラグインもコピーする。

以前(MT4.22で)使っていたプラグインもコピーする。
プラグインは基本pluginsフォルダにある。
しかし、プラグインによっては、新しいバージョンのMTに対応してなかったりするので注意が必要。
また、pluginsフォルダ以外に、extlibフォルダやlib/MTフォルダに必要なファイルをインストールする必要がある場合もあるので、プラグインをインストールする際はメモを残しておく。

環境ファイルにパーミッションを指定

MTから吐き出すphpファイルのパーミッションを変更するために、mt-config.cgiに下記の文を追加する。

HTMLUmask 0022
DirUmask 0022
UploadUmask 0022
DBUmask 0022
HTMLPerms 0777
UploadPerms 0777




[PR]
by loveloveyummy | 2011-02-13 09:23 | Blog...