にゃんこ(ヤミーとヒュウ)とわんこ(チワワのミウ)の写真日記とミニシアター系の映画の感想。その他もろもろ…

by loveloveyummy

<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Musical Baton

あやの雑記のayanoちゃんからMusical Batonなるものが渡された。
最近ブログの更新を怠り気味で、他人様のブログにもお邪魔してなかった私にはまさに「寝耳に水」状態で「なんのこちゃ~」だったのですが、今日久々にブログ散歩してみたら、皆さん参加されてるようですね。
遅まきながら私も参加。
サンクス ayanoちゃん。

a0025747_1872498.jpg


[1] Total volume of music files on my computer
  (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
恥ずかしながら、PCで音楽聴くことはないので、もともと入ってるもの意外は入れてません。
めちゃくちゃ昔の人っぽいですね。

[2] 2Song playing right now
  (今聞いている曲)
特に何も聞いてません。

[3] The last CD I bought
  (最後に買ったCD)
全然覚えてないんですけど。
多分、3年くらい前ジャネット・ジャクソンの来日記念CDみたいなヤツ。

[4] Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
  (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
最近、本当音楽聞かないので、よく聞いていた10年くらい昔の曲の中で好きな曲を5曲。
1.Sheryl CrowのAll I Wanna Do よ~し頑張るぞって気になってくる。
2.M PeopleのMoving on up これはいい!絶対売れる!と思って、何件もCD屋を探して買ったけど、あんまり売れなかった。カッコ良かったけどね、M People。
3.Hootie & the BlowfishのOnly Wanna Be With You Hootie & the Blowfishmの曲はどれもカッコいいですが、なんとなく懐かしい感じもします。人気海外ドラマ「フレンズ」でネタにもなっていたくらい、Coolなバンドです。
4.10,000 ManiacsのBecause the Night 私が持っているのはunpluggedバージョンですが、相当カッコイイです。
5.Lisa LoebのStay なんとなく。Lisaの歌声が好き。

[5] Five people to whom I'm passing the baton
  (バトンを渡す5人)
え~と、すごく悩んだのですが、周りを見渡した感じでは結構皆様既にやられているみたいなので、ここで打ち止めにさせてもらいます。
そして、NECO_no_KoolON◆猫の空論別館のマネさせて頂いて、誰かバトンを受け取って下さる方がいたら、是非勝手に奪って下さい!
その際はコメントかTBでお知らせ下さ~い。
[PR]
by loveloveyummy | 2005-06-30 18:08 | Blog...

犬の夏バテ予報

日本気象協会とドッグフードを販売するマスターフーズリミテッド社が7月1日から、インターネットで「ワンちゃん夏バテ予報」を公開するそうです。
(詳しくは犬の強い味方?ネットで「夏バテ予報」を提供@読売新聞まで。)

「ワンちゃん夏バテ予報」はマスターフーズ社のペディグリーで公開されるそうです。
私の場合、散歩時間は旦那が出かける8時には出発しようと思いつつ、気付くと9時くらい。
これからますます暑くなるし、散歩時間はもうちょっと早い時間、もしくは夕方に変更した方がいいのかな?

これはミウのキャリーバック。
a0025747_21133267.jpg

かなりミウのお気に入りで、家の中でも入って寛いでたりする。
なので、片付けたいけど、いつも出しっぱなし。
a0025747_21134921.jpg

このバックで失敗したなぁと思うことが1つ。
ミウには似合っていても、これを持つ人間に似合ってないということ。
旦那がこれを持ってる姿はかなりヤバイ。
そんなこと言って、30過ぎた私が持ってもかなりヤバイ。
[PR]
by loveloveyummy | 2005-06-22 21:15 | Dog...

最後の恋のはじめ方 Hitch

先週OS劇場にて鑑賞。
OS劇場は久しぶり、2度目かなぁ。
あんまり行かない映画館です。
ここの客層は結構若い子が多い気がする。

最後の恋のはじめ方 (Hitch)
アメリカ 2005年
その想い、恋にしましょう。
公式サイト

a0025747_22281383.jpg


≪Story≫
 ヒッチ(ウィル・スミス)は、恋愛下手な人を手助けするデート・コンサルタント。ある日、財団のセレブであるアレグラ(アンバー・ヴァレッタ)に恋したアルバート(ケヴィン・ジェームズ)から依頼を受ける。何をやっても要領が悪いアルバートだが、ヒッチのアドバイスで、アレグラの注意を引いたアルバートは、彼女をデートに誘うことに成功する。一方ヒッチは、バーでゴシップ記者のサラ(エヴァ・メンデス)と出会いデートにこぎつけるが、アレグラのスキャンダルを追っていたサラは、ヒッチの正体に気付き…。

≪Review≫
 いわゆるラブコメです。まぁそれ以上でもそれ以下でもない映画ですが、割と当りかも。単純に楽しめました。ということで大した感想もないのですが・・・。
 ストーリーもそうですが、穿った見方をすると、いかにもヒットを狙った本作は大衆向けというか、万人向けに徹したという気がする。黒人俳優のウィル・スミスの相手役が黒人でも白人でもなく、ヒスパニック系のエヴァ・メンデスということ。これで、人種の坩堝アメリカで黒人だけでなく多くの人種のハートを掴める可能性が広がった。キュートなおデブちゃんケヴィン・ジェームズと白人セレブ役アンバー・ヴァレッタが恋をするということ。これで、肥満大国アメリカでスレンダーな体型でない人達のハートを掴める可能性が広がった。
 個人的にはキュートなおデブちゃんアルバート演じたケヴィン・ジェームズがなかなか良かった。ケヴィン・ジェームズはアメリカの人気コメディアンらしく、本作が映画デビュー作。ウィル・スミスとエヴァ・メンデスだけだったら、見てくれのいい男女のありふれた恋愛話だけど、このケヴィン・ジェームズが加わることによって、ストーリーの幅が広がり、コメディー度とハートウォーミング度がアップした感がある。
 ストーリーもおもしろいし、みんなが望む形の分かり易いハッピーエンド。デート・ムービーにはもってこいかな。

Reviewをもっと詳しく(Go! Go! Girls Movie@LoveLoveYummy)



More
[PR]
by loveloveyummy | 2005-06-14 22:27 | Movie...

まつ毛パーマと私

昨日初めてまつ毛パーマをかけてみた。
朝起きて何もしなくてもまつ毛が上がっている。
それだけのことなのに、すごく気分がいい。
いい感じだ。
素晴らしいよ、まつ毛パーマ。

ところで最近暑くなってきましたよね。
ネコの寝姿って気温の変化とともに変化するもの。

冬のある日のヤミー↓何気に寒そう。
a0025747_19502523.jpg

今日のヤミー↓何気に暑そう。
a0025747_19503567.jpg

[PR]
by loveloveyummy | 2005-06-08 19:50 | Cat...

ウィスキー Whisky

水曜日にテアトル梅田にて鑑賞。
テアトル梅田はマイナーだけど渋くて良いセレクトが多いなと思う。
1日で映画の日だったこともあり、いつもより混んでた気がした。

ウィスキー (Whisky)
ウルグアイ/アルゼンチン/ドイツ/スペイン 2004年
”ウィスキー”は幸せの合言葉。
公式サイト

a0025747_1859911.jpg


≪Story≫
 ウルグアイの町。 ハコボは、父親から譲り受けた小さな靴下工場を細々と経営している無口でちょっと神経質でなかなか頑固な中年男。 毎朝決まった店で朝食を取り、毎朝決まった時間に工場に行き、シャッターを開け、決まった手順で機械を動かし、毎朝決まったお茶を飲む。 ハコボの工場で働く中年女性マルタは地味だが、真面目な働きぶりでハコボを支えていた。
  1年前に亡くなった母親の墓石の建立式に、ブラジルで暮らすハコボの弟エルマンが来ることになる。 ブラジルで同じく靴下工場を経営しているエルマンと、ハコボは長い間疎遠になっていた。 ハコボは弟が滞在する間、マルタに夫婦の振りをして欲しいと頼んだ。 普段から会話の少ない2人は、ぎごちなくも偽装夫婦の繕いをしてエルマンを迎えた。 エルマンはこじゃれた服を小粋に着こなす伊達男で会話もウィットに飛んでいる。 建立式は無事に終わるが、エルマンは2人を旅行へ連れ出すことに…。

≪Review≫
 ウルグアイはブラジルとアルゼンチンに挟まれたに南米の小さい国。 ウルグアイでは映画が製作されてから110年くらいで、今までになんと60本くらいしか製作されてないらしい。 1年に1本の映画も作られてない計算になるが、そんな中でこの映画は東京国際映画際でグランプリ・主演女優賞を受賞し、カンヌ国際映画祭でオリジナル視点賞・国際批評家連盟賞を受賞するなど世界中で数々の賞を受賞した。
 ラストはあまりにもあっけないと言うか、唐突と言うか、思わずおすぎ口調で「今までこんな映画観たことありません。」と言いたくなるくらい衝撃的と言うか、とにかく「えっ?これで終わり」という感じだった。 ボーっと出口まで歩いていたら、前を歩いていたご婦人2人組が「あのヒト恋したんやなぁ~。」「そやなぁ。えらい綺麗になってたなぁ。」と嬉しそうに語っていた。 なんかその光景を観た時に「あぁ~そうなんだ。」となんか妙に納得してしまった。 何を納得したのかというと、「恋に対する憧れ」だ。
  ティーンエイジャーはアイドルに憧れる。 それは恋に対する憧れが混在している。 やがて、恋はもっと身近なものとなって自分の周りに溢れ始める。 アイドルに憧れるよりも自分自身が恋をすることに夢中になる。 やがて、仕事に夢中になったり、子育てに夢中になったりして、ふと気付くと自分も中年と言われる段階に入っている。 仕事が軌道にのったり、子育てが一段落したりして、気持ち的にも経済的にも時間的にも余裕やゆとりが出来る。 そして、いい意味でも悪い意味でも自分の人生に先が見えてしまったりする。 そんな時ふと「もう一度恋がしたい」とか「ときめきたい」とか思ったりするんじゃないだろうか。 今、「ヨン様」とか「氷川きよし」とかに夢中な世代がまさにそれなんじゃないのかな。 そう考えると、この世代の人ってティーンエイジャーのようにとっても純粋で、「恋に対する憧れ」を持っているのかも。
  マルタはハコボから偽装夫婦を演じるように頼まれて、自分の単調な人生にちょっとした変化をもたらされることにちょっぴり期待する。 ひょっとしたらハコボのことを憎からず思ってたのかもしれない。 そしてマルタはちょとづつ変化して行く。美容院に行ってパーマをかけたり、いつもよりちょっと明るめの服を着るようになったり、化粧をしてみたり。 訪れてきた弟エルマンはマルタを笑わせてくれ、女性として扱ってくれる。 しかし、ハコボは相変わらず無口で無愛想。マルタはやがてハコボといることに寂しさを感じるようになり、エルマンに心挽かれていくようになる。 そしてマルタはぐんぐん綺麗になっていった。
 マルタは水を与えられず乾ききった花だった。そして、変化、期待、ときめき、恋という潤いが与えられた。 乾ききった花はその潤いをグングン吸い上げ瑞々しく輝いていった。 中年女性であるマルタが恋をして、綺麗になった。 なんだかとても素敵なことではないか!
  監督は押し付けでなく、観る人それぞれがいかようにも想像できるようなエンディングを用意した。 いかようにも取れるということは、何の結論も用意されていないということだ。 起承転結がはっきりしているハリウッドの娯楽超大作的映画を好む人には不向きかもしれない。 しかし、観る人によってはその面白さは無限に広がっていくのだ。
 この映画はハッピーエンドかもしれないし、そうじゃないかもしれない。でもマルタは変わった。自分を磨き、成長したのだ。自分の中に潤いをちゃんと吸収したから。 恋は成就するに越したことはないけど、その恋を通じて何を得たか、どれだけ成長できたかも重要だ。
 「最近ときめいてないな」と言う人や「最近ちょっと肌がかさついてるわ。」と言う人に個人的にお勧めしたい。人間は歳を取ると子供に戻るというが、人生の折り返し地点を過ぎると、気持ちはティーンエイジャーに戻るのかもしれない。

Reviewをもっと詳しく(Go! Go! Girls Movie@LoveLoveYummy)



レビューも10人10色
[PR]
by loveloveyummy | 2005-06-04 18:20 | Movie...