にゃんこ(ヤミーとヒュウ)とわんこ(チワワのミウ)の写真日記とミニシアター系の映画の感想。その他もろもろ…

by loveloveyummy

<   2005年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

去年(先月)見たけど、まだエントリーしてなかった映画。

みんな誰かの愛しい人 Comme une image / Look at me
フランス 2004年
人生は、発見と感動の宝石箱。
公式サイト
a0025747_2119641.jpg

≪Story≫
 有名な大作家、エチエンヌ(ジャン=ピエール・バクリ)を父に持つロリータ(マルリー・ベル)は親の影に隠れてパッとしない自分にコンプレックスを持っている。 父親が選んだ新しい母親カリーヌ(ヴィルジニー・ドゥサルノ)は自分と年の変わらぬ若くてスレンダーな美人、それに引き換え自分はぽっちゃりした体型に見た目もパッとしない。 おまけに父親は新しい妻とその娘に夢中でロリータには全く無関心だった。
 そんな自分自身に自信を持てないロリータはジャーナリストの卵であるボーイフレンドに対しても、父とのコネが目当てでは・・・と疑心暗鬼になってしまう。
 せめて得意の声楽で父親に認められようと、練習に励むロリータだが、信頼する歌の教師シルヴィア(アニエス・ジャウィ)は実は、ロリータの才能など認めていなかった。 売れない作家である夫ピエール(ロラン・グレヴィル)にチャンスを与えるため、嫌々練習につきあっていたのだ。 やがて、ひたむきなロリータの姿を見てシルヴィアの感情は徐々に変化していき…

≪Review≫
 この映画で何が良いって、ロリータ演じたマルリー・ベルが本当にかわいくないのがいい。ロリータはパッと見、全然かわいくない。 しかも性格もなんだかグジグジしていて、そのくせプライドだけは高くて、素直じゃなくて、全く可愛くない。 だけど、見てるうちにそんな可愛くない、不器用なロリータを応援している自分に気付く。 よく「等身大の主人公」なんていうけど、大抵女優さんで主役はるような人はすごく美人だし、とても等身大とは思えない。 でもロリータは違う。等身大というより、分身のような女の子なのだ。 最後まで、そんなに可愛くていい子にはならない。 「メガネを取ったらあら不思議、美人~」みたいな展開もない。 だけど、100%良い人もいないように、100%悪い人もいない。 誰だってどこかに良い所がある。気付いたら、「ロリータ、かわいいとこあるじゃん。頑張れ~!」って肩入れしていまうのだ。
  きっと誰だってコンプレックスがあって、100%自信満々な訳じゃない。 私なんか…なんて言いたくないし、聞くのも嫌な言葉だ。 だけど、ふとそんな気分に落ちいってしまうこともある。 そんなちょっとブルーな気分に陥った時に、肩に力をいれることなく、応援してくれるような映画だと思う。 弱さに効く、優しい映画だった。

Reviewをもっと詳しく(Go! Go! Girls Movie@LoveLoveYummy)



いろんな人のレビューも見る!
[PR]
by loveloveyummy | 2005-01-31 21:17 | Movie...
昨日、テアトル梅田で観た映画。
家族の絆を描いた映画だからか、主役はケイティ・ホームズと若手なのに、比較的年齢層が高めでした。

エイプリルの七面鳥 Pieces of April
アメリカ 2003年
初めての料理はママのために作る最後のディナー
公式サイト

a0025747_1875314.jpg

≪Story≫
  感謝祭の日の朝。 エイプリル(ケイティ・ホームズ)は、ボーイフレンドのボビー(デレク・ルーク)に励まされながら、七面鳥のローストに取り掛かる。 自由奔放に生きるエイプリルは幼い頃から厄介者扱いされ、家族とはすっかり疎遠になっていた。 特に母親のジョーイ(パトリシア・クラークソン)とはそりが合わず、犬猿の仲。 しかし、そんな母親が末期がんに侵されていて余命幾ばくも無いことを知り、生まれて初めて手料理で家族全員を招待することに。 しかし、オーブンが故障し、前途多難に。 アパート中を駆け巡り、隣人たちに助けを求めるのだが…。

≪Review≫
  アメリカ中のオーブンが七面鳥を焼くためにフル稼働する日、感謝際。 その感謝祭の一日のお話。「ホームドラマ」プラス「母親が病気」なんて聞いただけで、鳥肌が立ちそうなイメージだけど、決して、想像するような「お涙頂戴」系ではない。 物語は七面鳥を焼くためアパート中を右往左往しながら懸命に戦う、家族の問題児エイプリルの奮闘の模様と、そのエイプリルを訪ねるために車に乗り込んだ家族のちょっと複雑な心模様と、エイプリルに内緒で何かを企んでる風なボーイフレンドの模様。 それぞれが同時進行で小気味良いペースで進んで行き、みんなが望んでいた思っていた通りのエンディングになるのだが、なんだかそれでとても幸せな気持ちになった。
 誰だって理想的なホームドラマのような家族にみんな憧れるけど、現実には難しい。 それは、実際に住み始めるとモデルルームのような理想の部屋とはかけ離れていくのと似ているかもしれない。 エイプリルは自由奔放で、ずっと家族の枠からはみ出た存在だった。 母親が祐逸エイプリルとの良い思い出だと思ってたことは妹のベスとの思い出だったり、父親が頑張って思い出したエイプリルのいい所は幼い頃の「かわいい寝顔」だった。 それでも家族には切っても切れない絆がある。 寂しいことだけど、家族だから仲良しと単純にいかない場合もある。 それでも家族であることには変わりがない。 お互いを決して良く言わなかった母娘が黙ってhugするシーンがとてつもなく優しさに満ちていた。 この母娘が気の合う友達同士のようにベッタリ仲良くすることは今後もないかも知れない。 それでも、この母娘は家族であり、再び出会う時には又お互いにギュッと抱きしめあうんだろうなと思った。 幸せの形も人それぞれのように、家族の形も人それぞれだ。
 日本ではhugする文化がないけど、hugする文化って素敵だと思う。いくつになってもギュッと抱きしめられたら嬉しいと思う。

Reviewをもっと詳しく(Go! Go! Girls Movie@LoveLoveYummy)



いろんな人のレビューも見る
[PR]
by loveloveyummy | 2005-01-27 18:17 | Movie...

愛される猫

実家に帰省してたときの話。
朝からけんか腰の猫の声に驚いて窓を開けたらそこには一触即発のニャンコの姿が。
父は「向かいのKさんのとこの猫だ。」と言っていた。
ドンは確かに向かいのKさんの車の上で寛いでた猫だったが、八兵衛の方はどう見てもドンのテリトリーを進入してしまった通りすがりの猫と言った感じだった。
「今にも喧嘩になりそうじゃん。本当に両方ともKさんの猫なの?」と私の激しい質問にあった父は「そうじゃないのかぁ?よく分からないけど…」とすごすごと逃げるようにその場を去って行った。
父にとって猫はあくまでも猫でしかない。
Kさん家の猫と毎日顔を会わせていても、その猫が何色なのかどんな模様なのか、全く興味もないから覚えてもいない。
よく考えたら、私も自分で猫を飼う前はそうだった。
家の近所には野良だか放し飼いなのかよく分からないけど、いつも何匹か猫がいた。
しかし、その猫達がどんな色だったかとか模様だったかとかどんな性格だったとか全く覚えていない。
覚えているのは、家で飼っていたインコをよく狙っていたということだけだ。

a0025747_23472615.jpg


その後私が2階のベランダでヤミーと日向ぼっこしていたら、犬の散歩中のご婦人に話しかけられ、そこに八兵衛が現れた。
そのご婦人によると八兵衛は近所の中央公園の猫で犬の散歩に来た人達に可愛がられて、エサをもらって暮らしているらしい。
八兵衛は犬とも仲良しで、犬にスリスリしている愛想の良さだった。
犬のエサのおこぼれをもらってるのかと思いきや、犬の散歩にキャットフードをわざわざ持ち歩いて、八兵衛にあげている人もいるんだとか。
愛されてるのね~、八兵衛。


[PR]
by loveloveyummy | 2005-01-25 23:51 | Finding Neco...

鼻水

ワタクシなかなか鼻水が止まりません。
涙は枯れると言いますが、鼻水は枯れないのでしょうか?

a0025747_22355439.jpg

[PR]
by loveloveyummy | 2005-01-24 22:39 | Cat...

忍猫ハッタリ君

忍猫ハッタリ君。葉隠れの術。ニャンニャン。
a0025747_15593829.jpg


飼い主が具合が悪くなると、心配してくれる賢い猫様もいるらしい。
家のニャンズは私が横になっていると、これ幸いとばかりに寄って来る。
それは心配してと言うよりは、猫団子になりにくるのだ。
(猫団子とは、猫は寒いときにお互いの体で暖をとるために、固まって団子状態になることを言う。)
猫から見たら、やたらとバカでかい図体の猫(私)が昼間からゴロゴロ寝ている。
おまけにそのバカでかい図体の猫はいつもより暖かい体温で、寝ている布団も暖かい。
猫にとっては「おぉ~パラダイス」だ。
その証拠に家のニャンズは寝ている私の体の上に乗っかりゴロゴロ言ったりしてる。
おまけに「撫でろ~」と催促したりもする。
とても心配して看病しに来たとは、いくら猫バカの私にも思い辛い。
[PR]
by loveloveyummy | 2005-01-21 16:13 | Cat...

猫の平均寿命

私は只今風邪ひきさんです。
そういえば、ヤミーもヒュウも風邪をひいたことがないなぁ。
ヤミーもヒュウも結構健康体なのかな。(ヤミーは冬に膀胱炎さえ気をつければ…)

読売新聞ニュースによると国内でペットとして飼われている犬と猫の平均寿命が急速に延びているらしい。(ペット長生き@goo
これによると猫の平均寿命は9.9歳らしい。
なんかもっと長生きなような気がするなぁ。
十何歳生きてる猫ちゃんもそんなに珍しくないし。
さすがに二十何歳と言われると驚くけど…
ちなみに猫も雌の方が平均寿命が長いみたいです。(雌11.1歳、雄8.7歳)
そして、純血種の方が平均寿命が長いみたいで、私にとっては意外。(純血種11.4歳、雑種9.6歳)
雑種の方が丈夫というのは思い込みだったのかな?

a0025747_1032150.jpg

今年も暖かい所で寛いで風邪なんかひかないぞ~。
[PR]
by loveloveyummy | 2005-01-19 10:33 | Cat...

フラ

今日は久しぶりにスポーツクラブに行って、「フラダンス」のレッスンに出てみた。
私の行く昼のスポーツクラブはかなり年齢層が高い。
そして「フラダンス」のレッスンはその中でも年齢層が高い。
見渡す限り、自分の母親くらいの人しかいない。
50代、60代の方が中心だった。
パッと見た感じ40代の方もいらっしゃらないようだった。
そんな中で30代の私はかなり浮いてしまっていた。
ハワイで見た若くて美しい女性が踊っていた、魅惑的でちょっぴり官能的なフラダンスとはかなり毛色が違うようだ。
きよし(氷川)世代のおば様に囲まれてしばし異次元の世界にトリップ。
そこでふと思ったのだが、これ(フラダンス)って何かに似ている。
フラダンスの所作には1つ1つ意味があって、歌詞とリンクしている。
歌詞が「浜辺~♪」なら砂浜をイメージした所作をするのだ。
唄を口ずさみながら踊るその様はまさに「盆踊り」なんだよね。
そこがきよし(氷川)世代のおば様には馴染みやすいのだろうか?
フラを踊ってるおば様達はみんなとっても楽しそう。
おば様達は大きく分けて2パターンあるみたいだ。
私の通っているスポーツクラブは日本全国に支店がある。
パターン1はそこの支店に足繁く通っていて、とにかく色んなレッスンに顔を出している方々。
パターン2はとにかくフラが好きで、いろんな支店をわたり歩いてフラのレッスンに精を出している方々。
どちらもパワーがあって、とっても素敵だと思う。
幸せとか人生の楽しみって人それぞれで、どんな些細なモノでもいいんだと思う。
毎日高級エステに通ったり、高級ランチを食べたり、ファミリーカードでブランド物を買い物しまくったり、それでも満たされない人生を送る人もいる。
それってどんなに恵まれていても、きっと不幸なんだろうな。
私はジャージみたいな格好でフラを踊ってたけど、おば様達はパウスカートなるフラの衣装を着て、髪飾りなんぞもつけてお洒落にも余念がない。
ビバ!フラを踊るおば様達。

a0025747_22343382.jpg

フラを踊るヤミー(無理矢理)
[PR]
by loveloveyummy | 2005-01-14 22:36 | Cat...

大胆ポーズ

大胆ポーズで毛繕い中。
a0025747_2252947.jpg

[PR]
by loveloveyummy | 2005-01-13 22:06 | Cat...

あずきちゃん

私もちょっぴり季節はずれで、長~い一人冬休みを終えました。
皆様お元気ですか?

彼女の名前はあずきちゃん。
お友達のあずきママの家で暮らすにゃんこです。
とっても人懐っこくて、愛くるしいにゃんこでした。(かなり羨ましい…)
チャームポイントは寄り目な目々。
a0025747_18293112.jpg

彼女は元々野良猫で、あずきママのお友達が保護したそうです。
ペット可マンションに住んでおり、動物大好きで、同居人も猫好きという嘘のような好条件のあずきママが引き取ることになったそうです。
今は床暖房のある暖かいお部屋で平和に暮らす彼女。
きっと強運の持ち主なんでしょうね~。
そんな強運なあずきちゃんは招き猫のように、あずきママに幸運をもたらすのでしょうか?

今年ものんびりだらりと更新していく予定です。
頑張って続けていくことが目標。
今年もよろしくお願いします!



[PR]
by loveloveyummy | 2005-01-12 18:41 | Finding Neco...

明けまして

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

水飲んでる?
a0025747_2145877.jpg

ヤミーは冬になると膀胱炎になる。
ヤミーの場合、その原因はお水の供給不足。
寒くなってから、スポイトで無理矢理飲ませていて、このところ順調だった。
ちょっと自分から飲んでいる気配もあったし、油断してたら今朝またもやちょっと様子がおかしくなった。
そんなこんなで、ヤミーには毎日無理矢理でも水を飲ませないといけないことを改めて思い知らされた。

a0025747_2114422.jpg

ヒュウは相変わらず元気です。

明日からヤミーとヒュウはともっちと一緒にともっちの実家に帰省します。
1週間ほどblogもお休みします。

皆様素敵なお正月をお過ごし下さい。
[PR]
by loveloveyummy | 2005-01-01 21:15 | Cat...