にゃんこ(ヤミーとヒュウ)とわんこ(チワワのミウ)の写真日記とミニシアター系の映画の感想。その他もろもろ…

by loveloveyummy

スコルピオンの恋まじない The Curse of the Jade Scorpion

「ネコと映画と私」ってタイトルの割にはカテゴリ「Movie」のエントリが非常に少ない(>_<)
ちょっと調べてみたらこのblogのカテゴリ別割合はネコが60%程度、映画が15%程度だった。
思ってた以上に映画が少ないぞ!

と言う訳でこの間DVDで見た「スコルピオンの恋まじない」の話題なんぞエントリしてみる。

スコルピオンの恋まじない The Curse of the Jade Scorpion
アメリカ 2001年
しあわせの処方箋、教えます。
効能…たちまち恋に落ちてしまう。
注意…嫌いな相手に使用しないこと。
公式サイト
a0025747_19175251.jpg

≪Story≫
 舞台は1940年のニューヨーク。 一流保険会社に勤務するC.W.ブリッグス(ウディ・アレン)は大手損保会社のベテラン調査員。 風采の上がらない外見に似合わず、ブリッグスはこの業界きって腕利きとして知られてた。 そんなブリッグスに最大の敵が現れた。 それは新しく雇われた女性重役のベティ=アン・フィッツジェラルド(ヘレン・ハント)だ。 ベティは会社の利潤追求の為に雇われた有能な女性で、リストラの一環として調査部門の外注化を推進している。 二人は顔を見るたび皮肉を言い合う犬猿の仲だ。
 ある日、二人は同僚の誕生パーティでインチキ魔術師に催眠術をかけられ、呪文を耳にするたびにお互い惹かれていくことに・・・。
 一方、その日を境に謎の宝石泥棒が世間を騒がせる。ブリッグスは犯人を捕まえるため奔走するのだが…。

≪Review≫
 実は私はウディ・アレンの映画が苦手だ。 嫌いな訳ではなくて、苦手、不得意なのだ。 はっきり言うとウディ・アレンの映画の何が良いのか、おもしろいのかが私には分からないのだ。 でもウディ・アレンの映画に対する憧れがあるから、分からなくてもウディ・アレンの映画を見てしまうのだ。
 そんなこんなで久しぶりにウディ・アレンの映画を見た。 そしてこの映画の感想は…というと、やっぱり「う~ん。何が良いのかよく分からない。」だ。 なんだろう、ウディ・アレンの映画はいつでもウディ・アレンの映画であって、それ以上でも以下でもない。そしてウディ・アレンに苦手意識がある私にはやっぱりこの映画に苦手意識をもってしまう。
 ウディ・アレンとヘレン・ハントというちょっと大人な組み合わせなのに、全然大人なテイストでないのもなんだか残念。 ラブコメでももっと心に染みるような大人チックな展開が欲しかったかなぁ。この感じだったらそれこそ設定を teenager にした方がかわいくて爽やかな感じになるんじゃ…
  あぁ~やっぱり、今回もウディ・アレンの映画の良さがイマイチ分からなかった。いつかそのうちウディ・アレンの映画の良さを分かるようになればいいな。

Reviewをもっと詳しく(Go! Go! Girls Movie@LoveLoveYummy)



私には理解できなかったこの映画。
でも見る人が見たらきっとおもしろい映画なんだと思う。



映画生活
天つば↑↓CINE TALK
[PR]
by loveloveyummy | 2004-08-24 19:30 | Movie...