にゃんこ(ヤミーとヒュウ)とわんこ(チワワのミウ)の写真日記とミニシアター系の映画の感想。その他もろもろ…

by loveloveyummy

ロスト・イン・トランスレーション Lost in Translation

週末にシネ・リーブル梅田で見て来ました。
レイトだったので、空いてました。
シネ・リーブル梅田は梅田スカイビルにある私のお気に入り映画館。
なんといってもきれいだしちょっぴり大人チックなのもいい。
女性一人でもプラっと気軽に行って帰る感じ。

ロスト・イン・トランスレーション Lost in Translation
アメリカ 2003年
人生の折り返し点、なぜか寂しい。トーキョーで君に会えて良かった。
幸せなはずなのに、ひとりぼっち。トーキョーであなたに会えて良かった。
公式サイト

a0025747_22365511.jpg


≪Story≫
 ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日した中年ハリウッド・スター、ボブ(ビル・マーレー)。 慣れない国で言葉も通じず、コミュニケーションもとれずに、疲労と疎外感を抱えていた。
 一方、フォトグラファーの夫ジョン(ジョヴァンニ・リビシ)の仕事に伴って来日したシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)。 新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、一人ホテルに取り残され、言いようのない孤独を感じていた。
 トーキョーという街で居場所を見つけられずにいた二人が同じホテルで偶然出会った。 自然と言葉を交わし、そして心を通わせていった…

≪Review≫
 この映画は派手なストーリー展開やあっと驚くような仕掛けもなく、ただ淡々と静かに進んでいく。 私は正直途中で「あ~ちょっと退屈かも」とチラっと思ってしまったのも事実。 しかし最後まで観て、「観てよかったなぁ」と素直に思ったのも事実。
この映画のラスト・シーンは実に良い。 私は大好きだ。 ちょっぴりせつなくて、ほろ苦く、そして優しい。 監督は実はこのシーンが撮りたくて、この映画を撮ったのかなと思ったくらい素敵だ。
 ソフィア・コッポラ監督が語った「人生に訪れる、はかないけれど最高の瞬間を描きたいと思った。過ぎてしまうけれど、一生記憶に残って、影響を与え続ける、そんな瞬間を描くためにこの映画を作ったの。」という言葉通りの作品だと思った。 人にはそんな瞬間ってあると思う。 言葉すると陳腐になってしまい、上手に伝えられない。 人に話すような「大恋愛」や「運命の恋」ではないけれど、自分の中に確かに根付いたある瞬間、ある出来事、ある出会い。 別れが寂しいと思えるような相手に出会えるということはとても素晴らしい出会いがあったということ。 それはとっても幸せなとこ。 私もそんな風に感じられるお歳頃になったのね~と感慨ひとしきりなり。

Reviewをもっと詳しく(Go! Go! Girls Movie@LoveLoveYummy)





トラバはらせてもらいました(^^)
映画生活
Sonic Death Monkey
カタルーニャのお姫様
come fly with me
yoshie film
Contradiction
30歳独身男Kazuakiの映画日記
Black Pepper's Blog
お早よう
Awkward Dance
future world
Popscene
シネマコミュニケーターmori2の“シネマ雑記帳”
くりおね あくえりあむ
oxygen 〜酸素〜
BARIの毎日?
ごく私的覚書
ガイトウとアオゾラ
シネコミ倶楽部
私の踵はすぐに減っちゃう
はちべえ in シアター
戯言シネマ
ジョウジョウの私見的まなこ
Cinema Street Blog
tatikog
ToyBox
ウェブデザイナーな日々
kiku's
たつし’s くま・シネマ倶楽部
猫背日記
Nicoの日々の泡~L'ecumes des jours
今日の一本
cerium58
miu on miu*
映画館の暗闇に包まれて
[PR]
by loveloveyummy | 2004-07-22 22:46 | Movie...