にゃんこ(ヤミーとヒュウ)とわんこ(チワワのミウ)の写真日記とミニシアター系の映画の感想。その他もろもろ…

by loveloveyummy

ネコとウンチと私

いきなり猫の排泄物のお話でなんですが・・・

本当は猫の頭数プラス1個以上が理想的らしいですが、そうそう猫のトイレを置く場所もないので、家では猫用トイレは2つと決めている。
1つは私(+猫と犬)の寝室に、もう1つは寝室の隣の以前姉の部屋で今は納戸代わりに使ってる部屋においてある。
どちらがどちらの猫用のという区別でなく、猫が用途によって使い分けてるようだ。
おしっこはどちらのトイレという拘りはあまりないようだが、ウンチは100%絶対ではないですが、寝室でなく、隣の部屋のトイレですることが多い。

以前大阪に住んでいた時は、リビングに1つ、廊下に1つ置いていた。
ここでは、やはり、おしっこはどちらでも均等にしてたが、ウンチはリビングでなく、廊下のトイレですることが多かった。

猫はおもしろ生態の1つに、ウンチ・ハイがあると思う。
もともと待ち伏せ型ハンターだった猫は、排泄を自分の寝床から離れたところでする習性があったらしい。
排泄する為に、安全な寝床から出なくてはいけないワケで、それはかなり危険を伴う行動だったらしい。
よって、今でもその習性が残っている為に、ウンチをする時に以上に神経が尖がって、興奮してしまい、いわゆるウンチ・ハイな状態になるらしい。

家のニャンズもウンチ・ハイになるし、自分の寝床やお気に入りの場所から少しでも離れた場所でウンチをしたいという本能があるのだろう。
だから多分、寝室よりと隣の部屋、リビングより廊下でウンチをするのかな・・・と思う。

だから夜中に、ガタンガタンとドアを開けるのを催促する音が聞えると、「しょうがないな・・・」と思いつつ、部屋のドアを開けてあげる。
心地良いと思う場所で、思う存分、ウンチをしてきておくれ・・・

a0025747_10513684.jpg


踏ん張るヒュウ。
[PR]
by loveloveyummy | 2006-02-26 10:54 | Cat...