にゃんこ(ヤミーとヒュウ)とわんこ(チワワのミウ)の写真日記とミニシアター系の映画の感想。その他もろもろ…

by loveloveyummy

海を飛ぶ夢 Mar Adentro / The Sea Inside

おとといナビオTOHOプレックスで観た映画。
この時の一番人気は「甘い人生」だった。
さずが今をときめく韓流スター、イ・ビョンホン主演。
イ・ビョンホンは確かにかっこいいし、「甘い人生」も面白い映画なんだろうけど、この映画もとっても良かった。
とにかく多くの人に是非観て欲しい。

海を飛ぶ夢 (Mar Adentro / The Sea Inside)
スペイン 2004年
約束しよう。
自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。
公式サイト

a0025747_14561266.jpg


≪Story≫
 ラモン・サンペドロ(ハビエル・バルデム)は世界中を旅する船乗りだった。 25歳のときに海の事故で首から下が不随の身になり、ベッドの上で寝たきりの生活を送くるようになった。 ラモンは家族によって献身的に支えられ生きてきた。 兄ホセ(セルソ・ブガーリョ)は一家の生活を支えるため農場で懸命に働き、ホセの妻マヌエラ(マベル・リベラ)は母親のような愛情でラモンの面倒を見ていた。 甥ハビ(タマル・ノバス)は時にはラモンに甘え、時にはラモンを支えた。 父ホアキン(ホアン・ダルマウ)はそっとラモンを見守り続けた。
 ラモンは家族や友人に支えられ、その愛情に包まれながらも、いつも満たされずにいた。 事故から26年目を迎えたとき、ラモンは自ら命を絶つ決断を下した。 それこそが自分に残された唯一の尊厳のある生き方であり、選択だと・・・
 ラモンは尊厳死を支援する団体のジェネ(クララ・セグラ)を通じて、弁護士フリア(ベレン・ルエダ)と出会い、協力を仰ぐ。 そしてもうひとり、ラモンが出演したテレビを見て心動かされたロサ(ロラ・ドゥエニャス)がラモンを訪ねてきた。

≪Review≫
 この映画は実在の人物ラモン・サンペドロの手記「Letters From Hell」を基に作られた実話である。 ベネチア映画祭主演男優賞、アカデミー賞外国語映画賞、ゴールデン・グローブ賞最優秀外国語映画賞など数々の映画賞に輝いた。 監督のアレハンドロ・アメナバールは「オープン・ユア・アイズ」(1997年)で一躍脚光を浴び、「アザーズ」(2001年)でハリウッドに進出した若き巨匠(1972年生まれ!)だ。
 ハビエル・バルデムは1969年生まれなので、30代で50代のラモンを演じた。 それはあまりにも自然で、私は最初特殊メイクだとは全く思わなかった。 しかし、途中で若き日のラモン(ハビエル・バルデム)が出てきて、「えっ?この人って意外と若いの?」と驚いた。 特殊メイクも自然で良かったのだろうけど、彼の悲哀に満ちて枯れた表情がなんとも中年らしくて、とても素晴らしかった。
 ラモンの下した決断、「尊厳死」に対して賛否両論があると思う。 ラモンは周りの人から愛されていて、大切にされている。 四肢麻痺で体の自由が利かないからと言って、自分の生き方は尊厳がないなんて、ひどく利己的なのでは? 体に障害があっても、重い病気を抱えていても、尊厳を持って強く生きてる人はこの世の中にはいっぱいいるのだ。 それはひどくもっともな意見で正論だ。 この映画はその考え方を否定している訳ではない。 しかし、それでもやっぱり自分は死を望んでしまうというラモンのどうしようもない叫びは心に突き刺さる。 「どうして自分は自分の人生に満足できないのだろう?どうしてこんなにも死を望んでしまうのだろう?」 ラモンの気持ちは最初から最後まで迷いがなかった。 少しも揺らぐことがなかった。 それは26年間という長く果てしない時を経て出した結論だった。
  私だったらどうするかなと考えた。「生きることは権利であって、義務ではない。」と愛する人からそう告げられたらどうっするだろう? 生きることが義務と感じてしまった時、私ならどうするだろう? 私は「尊厳死」という選択もありかなと個人的には思う。 しかし、それは今そういった状況にいないから言えるのかもしれない。 自分だったら「尊厳死」を望むかもしれない。 でも、気持ちはユラユラ揺れて、実際に実行するには至らないかもしれない。 自分の愛する人が尊厳死を望んだら、とにかく生きることを説得するだろう。 26年間もの長きに渡ったらやがて本人の意思に屈服するかもしれないが、自ら手を貸すことはやっぱりできないかもしれない。
 チラシには彼の選んだ選択は「終焉でなく開放である」と書かれていた。 この映画は死という非常に重いテーマを扱いながら、愛に満ちている。 海のように広く深い。 そして優しい。 尊厳死をどう捕らえるかは人それぞれだ。 色々な考え方があっていいんだと思う。 自分の考えを貫くことも大切だし、受け入れることも大切だ。 ただこの映画を多くの人に観てもらいたい。

Reviewをもっと詳しく(Go! Go! Girls Movie@LoveLoveYummy)





映画生活
象のロケット
It's a Wonderful Life
Today's My Serendipity
impression
逃源郷
the borderland
シネクリシェ
NUMB
笑顔のもと
Cinema,British Actors
ラムの大通り
誰もが十字架を背負っている
こまったちゃんのきまぐれ感想記
ぷち てんてん
試写会帰りに。
エンタメ!ブレイク?
言語生活
RAKUGAKI
パラパラ映画手帖
nahoritaのBrooklyn★Brooklyn
京の昼寝~♪
心に吹く風
主婦の秘め事
なおのオススメ文芸。
自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
No Cinema,No Life
或る日の出来事
日々の記録と、コラムみたいなもの
Akira's VOICE
Such One Day
future world
Swing des Spoutnik
「月の風」シネマ日記
わん公のつぶやき
マダム・クニコの映画解体新書
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
まさにぃの勝手気侭な独り言
映画に恋してる
右手にいちじく
life is journey.
すっとこ仲間?
O Brave New World !
映画のブログBLOG@今日のいいこと。明日のいいこと。
引き出しの中身
I am invincible !
るるる的雑記帳
映画を観たよ
solaのえそらごと
cafe bleu
朱雀門の「華麗なるオッチョンジー」
Bardus Scriptor
ココアのお部屋
~~映画見ちゃいました~~
凪~小説家の卵の日々~
裏やまねこ日記
蛇のように鳩のように
ちょっとお話
amapola
Ritzy Cinema
Mr.WHY
digit@l cowboy BLOGstyle
EVERSMILE
みかんのかんづめ
毎週水曜日にMOVIE!
Finding Movie 映画っていいね♪
cinema capsule
cococo
la nourriture de l'esprit
ぽての今日も東奔西走
*call my name*
cinema mode
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
taba-log
パフィオ
[PR]
by loveloveyummy | 2005-05-27 14:58 | Movie...