にゃんこ(ヤミーとヒュウ)とわんこ(チワワのミウ)の写真日記とミニシアター系の映画の感想。その他もろもろ…

by loveloveyummy

恍惚 Nathalie...

★★★★ 今後夫婦のあり方とかに悩んだり、迷ったりした時にもう一度見たい映画。

先週シネ・リーブル梅田にて見た映画です。
只今(2/27迄)シネ・リーブルではシネマポイントカードの会員募集キャンペーンを実施中です。
年会費が1000円かかりますが、映画無料鑑賞1回分1000ポイントがついてきます。
特典としては、映画鑑賞料金の10%をポイント加算やカード提示で金曜日の鑑賞が1000円になるなどです。
詳しくはシネ・リーブル 【シネマポイントカード会員募集キャンペーンのお知らせ】まで。

恍惚 Nathalie...
フランス 2003年
こぼれるのは、禁断の愛の言葉。
公式サイト
a0025747_17494177.jpg

≪Story≫
 ブルジョワな家庭に暮らすカトリーヌ(ファニー・アルダン)は、夫ベルナール(ジェラール・ド・パルデュー)の浮気を知りショックを受ける。 カトリーヌは衝動的に入った会員制のクラブで、魅力的な娼婦マルレーヌ(エマニュエル・ベアール)に目を留める。 夫の本性を知りたいカトリーヌはマルレーヌに夫を誘惑し、その内容を報告するよう頼んだ。
 マルレーヌは「ナタリー」という偽名でベルナールに接触を始めた。 マルレーヌの露骨な性の報告に、戸惑いながらも好奇の感情を高まらせていくカトリーヌ。 やがて、カトリーヌとマルレーヌは共犯めいたどこか不思議な連帯感を感じるようになっていく。 ナタリーとベルナールの関係はどんどん深みにはまっていく。 男1人と共犯関係の女2人の妖しい3角関係は…

≪Review≫
 長く夫婦を続けると、きっと、夫婦のありかたみたいなものに悩んだり迷ったりすることってあるんじゃないかなと思う。 何年も一緒に暮らしていたのに、夫の思わぬ一面を垣間見て、ふと夫は他人であることに改めて気付いてしまったりする。 何年も寝起きを共にして、親よりも長く一緒に暮らして、世の中で誰よりも近しいと思ってた人が突然遠くに感じてしまう。 夫を誘惑させて、その情事の様子を聴くなんて、かなり悪趣味だけど、マルレーヌは自分の知らない夫の新たな一面を、自分がこれまで見たことも、これから見ることもないであろう夫の外の顔を知りたい願望に駆られてしまったのだと思う。
 カトリーヌがブルジョワ階級の人なので、尚更だけど、いかにも「仕立ての良さそうな」服をさらりと着こなしていて、これぞ「大人の女」の見本のようだった。 白いシャツに明るい茶色のセーターに濃い目の茶色のスカート。 シックでシンプルでオーソドックスなんだけど、すごく格好いい。 こういう女性って憧れる。 大人の女性って歳を取ればなれるもんじゃないんだってこと、私は最近よくやく気付いた。 どこかでまだ若さに固執したり、若さに媚びている私にはなかなかマネできない。 日本ではとかく若いということだけが重宝されてしまったりするけど、ファニー・アルダンの様に素敵に年を重ねられたらいいな。
  この映画はR15指定ということもあったし、ポスターも刺激的な感じだったので、過激な映像を期待して観ると期待はずれになるのかも。 この映画でナタリーとベルナールの情事はマルレーヌの言葉で語られるだけで、その映像は出てこない。 そのマルレーヌの描写がいかにもな感じなのだが、マルレーヌが語ると不思議と熱を帯び、それを聞くカトリーヌの顔に恍惚の表情が浮かぶ。 ファニー・アルダンとエマニュエル・ベアールという女優のむせ返る程濃厚な色香に惑わされ、酔わされる。
 この映画には1つ秘密があるんだけど、それも守りに守った秘密という訳でもない。 ちょっと勘のイイ人ならば、「これって…」て割と早い時期から気付いてしまう程度のものだ。 気付いたとしても、それはそれで映画は楽しめる。 映画で大切なポイントはそこじゃなくて、多分夫婦愛とか夫婦のあり方とかそういったところにあると思う。 私はまだまだそこの域にまで達していないが、いつか夫婦の新たな局面に達した時に又見たい映画だなと思った。

Reviewをもっと詳しく(Go! Go! Girls Movie@LoveLoveYummy)





レビューも10人10色。
映画生活
象のロケット
風のまにまに号
Pocket Warmer
Internet Zone::Movable TypeでBlog生活
suzuyosi_languidly life
miu on miu*
貧乏贅沢暮らし
風花
decompensation
2PiECES REVIE
映画に気をつけろ★ Soigne le cinema!
馬も鹿も、たのシネマ!
東京ときめきガール(So-net出張所)
歪みの是正
CinemaCafe.net
フランス工房ジャーナル
cinema diary+
★I MIEI GIORNI FELICI★
France de Cinema
ある日のこころの風景ノート
マーチング・マーチン(しんじの日記)
[PR]
by loveloveyummy | 2005-02-15 17:52 | Movie...